クレジットカード決済の手数料はビットフライヤーが約10%、コインチェックが8~9%、ザイフが8%未満です。

MENU

手数料はどれくらい掛かる?

 

購入にかかる手数料

仮想通貨を購入する際には、仮想通貨それ自体の金額とは別に必ず手数料を支払わなければなりません。これはどの取引所でも同じことです。

 

大事なのは、そのことではなく手数料がどの程度の額になるのかという部分です。

 

一体、クレジットカードで仮想通貨を購入する場合にはどの程度の手数料が掛かるのでしょうか。

 

 

手数料は取引所によって異なる

 

仮想通貨を購入すればそれがどんな取引所であっても手数料が掛かりますが、その割合は決して一定ではありません。
それぞれの取引所(会社)が全く別々の判断でもって手数料を設定しているのです。
そしてこれは、クレジットカード決済を含めた全ての決済方法について言うことが出来ます。

 

現在のところ、日本国内には大手と呼ばれる取引所が3つ存在しています。

 

ビットフライヤーコインチェックザイフがこれに当たるわけですが、この3つの取引所においてもクレジットカード決済の手数料には開きがあります。

 

具体的な数字で言うと、

  • ビットフライヤーが約10%
  • コインチェックが8~9%
  • ザイフが8%未満

となっています。

 

大手の間でもこうした違いがあるわけですから、その他の取引所においては推して知るべしということになります。

 

 

 

どのくらいの手数料が掛かるのか

 

さてそれでは、具体的にはどれくらいの手数料が掛かるのでしょうか。
先程はパーセントで示しましたが、ここでは金額で示したいと思います

 

しかし、全ての取引所のクレジットカード決済の手数料を示すわけにもいきませんので、ここでは大手のコインチェックを取り上げていきます

 

コインチェックでクレジットカードを使って仮想通貨を購入すると、1万円につき800円の手数料が掛かります。
ですから3万円分であれば2400円、もしも5万円分購入すれば4000円ということになります。

 

そしてもちろん、これよりも購入額が増えれば手数料の額も一緒に増えていくことになります。
仮に10万円分の仮想通貨を購入したと考えると、8000円もの手数料が発生することになるのです。

 

一方、これが銀行振込であればどうなるかと言うと、3万円未満で216円、3万円以上であっても432円の手数料しか発生しません。

 

またコンビニ決済の場合でも3万円未満で756円、3万円以上でも1000円といった額に収まります。
ですから、クレジットカード決済と比べるとどちらにしろ割安になるわけです。

 

尚、これはコインチェックを例に取った場合の手数料で、数ある取引所の中にはこれよりもさらに高い手数料が必要になるところもあります

 

しかしいずれにせよ、銀行振込やコンビニ決済よりもクレジットカード決済の手数料の方が安くなるということは今のところあり得ません

 

クレジットカードを使って仮想通貨を購入ことはとても簡単で、尚且つスピーディーな入金が可能なのですが、その反面ではこうした事実もあるのです。

 

ですから、決済方法にクレジットカードを選ぶ際には必ず手数料の額を頭に入れた上で判断を行うようにしましょう

 

仮想通貨のいい点悪い点を知っておく!