仮想通貨は法定通貨でないにも関わらず、暗号化技術を使用することで安全性が確保されています。

MENU

そもそも仮想通貨って何?

 

仮想通貨への疑問

仮想通貨という言葉は、ここ数年でかなり一般的にものになりました。
今では、この言葉をメディアで見かけない日はほとんどありません。

 

しかし言葉自体は広まっていても、それが一体何なのかということを知っている人は決して多くありません。

 

そもそも、仮想通貨とはどういうものなのでしょうか。

 

 

仮想通貨の持つ2つの特徴

 

一口に仮想通貨と言ってもその種類は非常に多く、それぞれが異なる性格を持っています。ですので、「これが仮想通貨だ!」と一括りにすることはできないのですが、かと言って全く共通点が無いわけではありません。

 

現在、仮想通貨と呼ばれているものはどれも、以下に挙げる2つの特徴を有しています。

 

 

国家による価値の保証を受けない

私たちが普段使っているお金(紙幣や貨幣)は正式には法定通貨と呼ばれるものです。
これは、国が法律によってその価値を保証しているお金のことです。

 

現在、我が国において法定通貨として認められているのは日本円のみで、日本銀行が発行している紙幣(日本銀行券)と政府が発行している貨幣がこれに当たります。

 

そしてこの法定通貨は、賃金の支払いや商取引、お店での買い物といった場面において、現時点で受け取りを拒否できない唯一の通貨です。

 

これが、私たちが普段お金と呼んでいるものが持っている性格なのですが、仮想通貨はこれとは一線を画しています

 

仮想通貨は国家によって価値を保証されているわけではないのです。

 

お金(通貨)の発行を行っているのは民間の企業であり、その行為は何ら法律に基づいたものではないのです(もちろん違法ではない)。しかしながら、法定通貨でないからと言ってお金としての役割を全く持っていないかと言えばそうではありません。

 

仮想通貨は様々な決済に利用することが出来ますし、また仮想通貨同士を交換することも可能なのです。
そして、仮想通貨と法定通貨の交換もまた何ら問題なく行うことができます

 

 

暗号化されたデジタルな通貨である

仮想通貨が通貨として存在し得ている背景には暗号化技術があります。

 

ハッシュ関数や公開鍵暗号といった暗号化技術によって、二重払いや通貨の偽造と言った問題に対応できるように設計されているのが仮想通貨なのです。

 

またさらに、仮想通貨はブロックチェーンにこの暗号化技術を適用させており、これによってデータの信憑性を確保することに成功しています。

 

このように、暗号化技術を使用することで仮想通貨の安全性が担保されているのです。そしてそのことが、法定通貨でないにもかかわらず仮想通貨が一つの通貨として流通している理由になっているわけです。

 

ちなみに、仮想通貨にはこのような暗号化技術が使われているため、米国においては暗号通貨(cryptocurrency)とも呼ばれています。

 

 

 

仮想通貨の始まりはビットコイン

 

仮想通貨というのは今でこそ多くの会社が参画してきていますが、10年前までは影も形もありませんでした
そうした状況が一変したのが2008年の10月31日です。

 

この日にSatoshi Nakamotoと名乗る人物がBitcoin:A Peer-to Peer Electronic Cash System(電子通貨ビットコインシステム)という論文をウェブ上で発表しました。

 

この論文が金融やコンピューターの専門家から大きな支持を受け、そこからこの論文に基づいた研究・開発が行われた結果、ビットコインが誕生したのです。

 

そして2009年の1月には初めてビットコインが配布され、2018年の現在では仮想通貨=ビットコインと認識されるほど一般にも広く普及しています。

 

今では多くの仮想通貨が存在していますが、全ての始まりはビットコインの誕生だったのです。