ローソク足チャートには4つの情報(初値・終値・高値・安値)が示されています。

MENU

チャートの見方

 

仮想通貨にはチャートがあります。
このチャートを見ると、仮想通貨についての様々な情報を確認することが出来ます
ですが、誰もがチャートに示されている情報を理解できるわけではありません。

 

チャートには見方というものがあって、それを知っていなければそこに示されている情報を理解することはできないのです。

 

仮想通貨の手数料はどのくらい?

 

 

仮想通貨のチャートは株式や外国為替と同じ

 

冒頭で仮想通貨にはチャートがあると言いましたが、これは何も仮想通貨だけのチャートが存在しているというわけではありません。

 

株式や外国為替にもチャートがありますが、仮想通貨のチャートもこれと全く同じものなのです。

 

ですから、仮想通貨のチャートを正しく見れるようになれば、同時に株式や外国為替のチャートの見方も分かるようになるのです。逆に言えば、株式や外国為替のチャートを正しく見れる人間は仮想通貨のチャートの見方も分かるということになります。

 

もっとも、将来的な値動きを予測するという事になれば仮想通貨にはかなりの特異性がありますので、その点には十分に留意しておく必要があります

 

 

 

チャートをどのように見れば良いのか

 

株式や外国為替の場合と同様に、仮想通貨においても最も基本的なチャートは「ローソク足チャート」です。
おそらく、株式や外国為替に興味のない方でもこの名前だけは聞いたことがあるはずです。

 

ローソク足チャートには赤・青・緑の棒と線があり、これが組み合わされて示されることでチャートを形成しています。

 

何故「ローソク足」なのかと言うと、この棒と線が組み合わさった姿がちょうど蝋燭の様に見えたためにこのように呼ばれているのです。

 

ローソク足チャートには、次に挙げる4つの情報(ローソク足)が示されています。

 

  • 初値 一定時間における始まりの値はいくらだったか
  • 終値 一定時間における終わりの値はいくらだったか
  • 高値 一定時間における最高の値はいくらだったか
  • 安値 一定時間における最低の値はいくらだったか

 

これらは先ほどの区分で言うと、「棒」に分類される情報です。
ローソク足チャートではこれらをそれぞれ「~足」と呼んで、一定の時間区分における価格を示しています。

 

またこれらの情報は横軸に時間を取り、縦軸に価格を取って示されています

 

そしてもう一つ、ローソク足チャートには「線」に分類される情報があります。
これは「ヒゲ」と呼ばれているもので、上記のローソク足の上下に伸びた線がこれに当たります。

 

このヒゲには2つの種類があり、1つは上ヒゲ、そしてもう1つは下ヒゲと呼ばれています
その内、前者の上ヒゲは高値を表し、後者の下ヒゲは安値を表しています。

 

またさらに、ローソク足チャートには陽線と陰線という2つの情報も示されています

 

これは一定時間の間にどのように値が動いたかを示す情報で、陽線は始値と終値を比較して最終的に価格が上がったことを示し、陰線は最終的に価格が下がったことを示します。

 

陽線は白いローソク足で、そして陰線は黒いローソク足で示されます。

 

以上が、ローソク足チャートで確認することの出来る情報です。

 

ローソク足チャートはここに書かれていることを理解すれば誰にでも正しく見ることが出来ますので、是非参考にしていただければと思います。