最近何かと話題の仮想通貨ですが、どうやって購入するのでしょうか?

MENU

仮想通貨はクレジットカードでも購入できる?

 

仮想通貨を買えるクレジットカード

 

最近、経済や投資といった分野で最も注目を集めているのが仮想通貨です。
今やこの言葉を聞いたことの無いという方はほとんどいないでしょう。
もしかすると、皆さんの身の回りにも実際に仮想通貨を購入したという方がいるかもしれません。

 

さて、そうした人達というのは一体どうやって仮想通貨を購入しているのでしょうか。
その決済方法について触れていきたいと思います。

 

今すぐ資金を調達したいという方は、クレジットカード現金化の方がいいでしょう。しかし現金化はグレーゾーンのため、リスクなどをしっかり把握し、利用の際はくれぐれも注意しましょう

クレジットカード現金化について詳しく知りたいなら(⇒https://www.banksecrets.org/

 

 

銀行振込が主流

 

仮想通貨を商品の購入やサービスの利用といった決済行為のために使おうと思えば、まずは仮想通貨を購入しなければなりません。

 

 

 

そのための決済にはいくつかの方法がありますが、現在主流になっているのは銀行振込です。銀行振込は手数料も安く、特定の銀行口座であればATMまで出かけて行かなくても決済ができるため、非常に便利なのです。

 

 

 

銀行振込以外では、コンビニ決済も多くの方に利用されています。しかし、コンビニ決済の場合は必ずコンビニまで足を運ばなければならないため、銀行振込ほど利用者は多くありません。

 

 

 

これらの他で言えば、クレジットカードも決済手段として認められています。
クレジットカードで仮想通貨を購入することの良い所は、決済が早く済むという点にあります。
ですので、緊急に仮想通貨が必要な時にはクレジットカードで決済をすると良いでしょう。

 

しかしながら、手数料については他の決済方法よりも割高になりますので、その点には注意しておかなければなりません。

 

 

 

仮想通貨をクレジットカードで購入するための手順

 

続いては、実際にクレジットカードで仮想通貨を購入するまでの手順を説明したいと思います。

 

クレジットカードを決済に使えるということだけを知っていても仕方がありませんので、具体的な手順についても覚えておきましょう。

 

クレジットカードで仮想通貨を買うときに注意することは?

 

 

仮想通貨取引所に口座を作る

まず初めに行わなければならないのが口座の開設です。
株式を購入する際には証券会社に口座を開設することになりますが、仮想通貨の場合にも仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。どんな決済方法であれ、そもそも口座が無ければ仮想通貨を購入すること自体が出来ません。

 

 

本人確認に必要な書類を提出する

仮想通貨を購入するためには本人確認を行う必要があります。

その為にはもちろん、住所や氏名、電話番号といったの基本的な情報を伝える必要があります。
しかしそれだけでは十分でではなく、本人確認が可能な書類の提出も併せて求められます。
具体的には、運転免許証やパスポートといった身分証明書がこれに当たります。

コピーした上で郵送することもできますし、またカメラで撮影した写真をアップロードすることもできます。

 

 

郵送して本人確認を行う

以上の2つの手順が終了すると、それからしばらくして登録した住所に審査に通過したことを告げる通知が届きます。

 

この通知には登録された住所に間違いがないかという確認の意味も含まれています。
要するに、これによって最終的な本人確認が行われるわけです。

 

通知の為の郵便物が届くのは早くて発送から1週間前後、遅ければ1ヶ月程度経過することもあります。

 

 

お金を入金する

ここまでの手順を全て終えると、いよいよ口座にお金を入金できるようになります。
そこで選ぶことの出来る決済手段は、上記で紹介した通りです。

 

ここでクレジットカードによる決済(入金)を選べば、その他の方法ではなくクレジットカードによって仮想通貨を購入することができます。

 

当然ながら、どんな仮想通貨をどれだけの額購入するかは、実際に口座を開設しお金を入金された方の自由です。

 

そしてその事は、仮想通貨の価格が下落して損失を被ったとしても、それは個人の自己責任であるということをも意味しています。

 

 

 

どのクレジットカードが使用できるのか

 

一口にクレジットカードと言っても色々な種類があります。
しかし、全てのカードが仮想通貨の購入に使用できるわけではありません

 

仮想通貨の取引所において使用が認められているのは基本的に、VISAとマスターカードの2つだけです。

 

そんな中でコインチェックだけは例外で、国内の取引所の中で唯一JCBカードを使用することができます

 

 

 

クレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止する動きも

 

クレジットカードでの仮想通貨の購入禁止

クレジットカードによる仮想通貨の購入は、現時点ではいくつかの取引所において公に認められています

 

しかしその一方で、仮想通貨の購入にクレジットカードを使用できないようにする動きも出てきています。実際に、ここ最近でもそのような行為を禁止するクレジットカード会社が出てきています。

 

現在では、以下の5社がクレジットカードによる仮想通貨の購入を公に禁止しています。

 

  • 三井住友カード
  • JCBカード
  • 三菱UFJニコスカード
  • クレディセゾンカード
  • イオンフィナンシャルサービス

 

これらの会社が禁止に踏み切ったのは、仮想通貨の価格変動リスクが高すぎると判断したためだと言われています。
現時点では以上の5社だけですが、もしかすると今後もこうした会社が増えていくかもしれません。

 

また取引所サイドでも似たような動きが出てきており、国内最大手の仮想通貨取引所であるBitFlyerにおいてもクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止することが発表されました。

 

 

 

生まれて間もない仮想通貨

 

クレジットカードはそれが初めて登場してから現在までかなりの時間が経過しています。

 

しかし、仮想通貨は生まれて間もない新しいサービス・通貨です。
ですので、そこには誤解や思い込みなどが数多く存在しています。

 

また、クレジットカードと仮想通貨の関係についてもまだまだ知られていない部分が多くあります。
当サイトでは、そうした情報を皆さんに分かりやすい形でお伝えしていければと思います。